忍者ブログ
ドラマの動画が無料で観れます!
| Admin | Write | Comment |
AdSense
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
リンク
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出演者:中居正広SMAP)・上戸彩佐藤隆太釈由美子谷原章介上田竜也KAT-TUN)・北村有起哉小日向文世りょう風吹ジュン橋爪功

主題歌:PUFFYウェディング・ベル」 



雨宮邦之(中居正広)が、飛田春乃(上戸彩)の想い人…。
春乃から「好きな人がいる」とプロポーズを断られた深澤茂(佐藤隆太)は、そんなことに思い当たる。
当の邦之は全く気づいていない。
それだけに、茂は邦之の春乃への微妙な言動に敏感になっていく。
そんな時、さくら地蔵商店街には伊藤勝(北村有起哉)が指揮する区の再開発計画が具体化して迫っていた。
勝の都市開発化は商店主たちに立退き料を支払うことで、再開発を一気に進めようとし始める。
一方、桜田周五郎(橋爪功)はスイー合コンに参加。
その会場で周五郎は、及川知子(鷲尾真知子)という女性に気に入られた。
周五郎は、押しの強い知子に辟易。
そんな姿を見かねた村瀬優子(釈由美子)に助けてもらう。
すると、自分を避けようとする周五郎と優子の行動に知子は怒りを爆発。
周五郎は、まずいことに自分が区役所で仕事を続けるために婚活をしていることを知子に話してしまっていた。
周五郎の報告を、邦之が茂の店で聞いていると、春乃や邦康(上田竜也)たちがやって来た。
話題は、邦之の婚活に。
春乃の目の前で繰り広げられる邦之への恋に関する周囲の突っ込みに、茂は気が気ではない。
だが、茂の心配をよそに邦之と春乃はいつものように振舞っていた。
邦之は、二瓶匠(谷原章介)、周五郎と勝の再開発計画への対抗策を練り始めるのだが、なかなか良い案が浮かばない。
その頃、区役所のファックスは溝口静子区長(風吹ジュン)に宛てた区役所への不正就職者を告発する怪文書を吐き出した。
怪文書は他のファックス文書に紛れつつも、区長の手元に近づこうとしている。
『とんくに』や深澤酒店には、高倉真琴(りょう)がちょくちょく顔を出すようになっていた。
真琴が婚活事業のアドバイスをしているからでもあるのだが、彼女の子供たちも邦之になついている様子。
また、幼少期にバッテリーを組んでいたこともあるためか、邦之と真琴の相性も良さそう。
そんな2人を見ている春乃の表情は微妙だ。
そんなある日、深澤酒店の婚活バー開店祝いを持ってきた真琴の携帯が着信。
電話に出た真琴の表情が強張る。
なんと、長男が行方不明になったのだ。
飛び出す真琴を邦之と春乃が手助けしようと追いかける。
真琴や邦之たちの心配をよそに、長男は『とんくに』に来た。
先日、来た時にミニカーを忘れたのだ。
戻ってきて息子の無事を喜ぶ真琴を見ていた邦之は…。
次の日、匠が深澤酒店に来た。
邦之と飲む匠は、真琴との関係を聞く。
傍らにいた春乃の耳にも入ってしまうが平静を装っている。
しかし、匠の話が邦之と真琴の結婚になると、さすがの春乃も動揺。
店を出た春乃を追いかけた茂は、邦之が好きなのだろうと尋ねる。
春乃は認めながらも邦之たちには言わないでくれと茂に頼む。
翌日、邦之は真琴にキャッチボールをしながらプロポーズ。
だが、真琴はキッパリと断った。
昔と同じようにいつまでも、ピッチャーとキャッチャーの距離感でいたいと言う真琴に、邦之も頷いた。
区役所では、とうとう怪文書が区長の目に留まる。
呼び出されたのは周五郎。
非を認め、役所を辞すと周五郎は区長室を出る。
しかし、入れ違いに邦之が来た。
邦之は周五郎をかばい、今まで自分がついてきた嘘を全て区長に打ち明ける。
こうして、邦之は区役所を去ることになった。
家に帰った邦之は、邦夫に無職となったことを報告。
邦之は、邦夫から店を手伝えと言われると思っていた。
しかし、邦夫からは家には邦之を雇う余裕はないと言われてしまう。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [299]

Copyright c ドラマ動画。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]