忍者ブログ
ドラマの動画が無料で観れます!
| Admin | Write | Comment |
AdSense
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
リンク
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出演者:水嶋ヒロ榮倉奈々佐藤健山田優向井理岩佐真悠子夕輝壽太大政絢真山明大中別府葵姜暢雄忽那汐里丸山智己吉田里琴鈴木亮平谷村美月阿部進之介中村知世南圭介小嶋陽菜君沢ユウキ小林きな子加藤慶佑菊里ひかり山口賢貴秋山多奈鹿内大嗣臼田あさ美ホラン千秋山本彩乃石橋菜津美高木万平高木心平堀内敬子鈴木浩介星井七瀬北川弘美石野真子杉本哲太津川雅彦

主題歌:ROCK`A´TRENCHMy SunShine

原作:宮城理子メイちゃんの執事」 

柴田理人(水嶋ヒロ)は、日本最大の大企業である本郷グループに代々仕えてきた執事の家系・柴田家の若きホープ。
容姿端麗で頭脳明晰、強じんな肉体と精神力を併せ持つ理人は、公式執事資格の最高位であるSランクを獲得している数少ない執事のひとりだ。
そんな理人が新たに仕えることになったのは、東京郊外にあるうどん店「しののめ」のひとり娘で、17歳の女子高生・東雲メイ(榮倉奈々)だった。
メイは、優しくて仕事熱心な両親とともに質素ながら幸せな生活を送っていた。
メイは、勉強は苦手だったが、色気より食い気の明るい性格でクラスの人気者だった。
幼なじみの柴田剣人(佐藤健)は、そんなメイにずっと思いを寄せていた。
だが、お互いに負けん気が強く、顔を合わせればすぐケンカになってしまうような間柄だったこともあって、剣人はその気持ちを伝えられずにいた。
ところがある日、思わぬ不幸がメイを襲った。
メイの両親が事故で他界してしまったのだ。
天涯孤独の身となったメイは、親友だった仲本夏美(星井七瀬)の家に身を寄せた。
剣人はメイのことが心配で仕方なかった。
気丈に振舞い、葬儀の翌日には店を開けたメイは、疲れ果て、後片付けの最中にうとうとしてしまう。
そこに突然現れたのが理人だった。
「本日からお仕えいたします。メイお嬢様の執事です」。
理人は、そうあいさつすると、驚くべき事実をメイに告げた。
実は、メイの父・周太郎(橋爪淳)は本郷グループの現当主・本郷金太郎(津川雅彦)の実の息子だった。
しかし周太郎は、19年前に家を飛び出し、メイの母・ユウ(山下容莉枝)と駆け落ちをしたのだという。
つまり、周太郎が亡くなったいま、メイは本郷家の正当な跡取り候補となったのだった。
そして、金太郎の命令でメイに仕えることになったという理人は、何と剣人の実兄でもあった。
理人は、本郷家の後継者にふさわしい教育を受けてもらうために、有名な超お嬢様学校・聖ルチア女学園に転入してもらいたい、とメイに告げる。
メイは、いままで通り普通の暮らしをしたい、と理人に反発した。
その矢先、本郷家の後継者候補となったメイの命を狙って、何者かがメイの家を爆破するという事件が起きる。
大切な周囲の人たちに危害が及ぶことを危惧したメイは、聖ルチア女学園への転校を決意した――。
メイは、理人とともにヘリコプターで聖ルチア女学園に向った。
世界最高水準の教育の下で次世代の淑女を育成するために設立された聖ルチア女学園は、庶民とはかけ離れた超お嬢様たちばかりが集まる少人数制の全寮制女学園だった。
その敷地面積は東京都の約3分の1、建物間の移動手段は全てヘリコプター、学費は月1億円、おまけにお嬢様ひとりひとりにイケメン執事までついているという、あまりにも現実離れした世界だった。
Sランクの執事・理人がやってくる、ということで、正門前広場にはお嬢様たちが集まっていた。
竜恩寺泉(岩佐真悠子)とその執事・木場(夕輝壽太)、華山リカ(大政絢)とその執事・青山(真山明大)、夏目不二子(中別府葵)とその執事・根津(姜暢雄)、天羽凛(忽那汐里)とその執事・四谷(丸山智己)、麻々原みるく(吉田里琴)とその執事・大門(鈴木亮平)、山田多美(谷村美月)とその執事・神田(阿部進之介)らが見守る中、ヘリを降り立つ理人とメイ。
理人が新たに仕えることになったお嬢様に強い興味を抱いていた泉やリカたちは、あまりにも庶民的で冴えないメイに対して、露骨に嫌な顔を見せた。
メイは、この女学園にふさわしくないというのだ。
リカは、メイに向って、あなたは2週間以内に逃げ出すことになる、と宣言した。
メイは、理人の助言に従って、身の安全を守るために本郷家との繋がりは隠していた。
だが、何者かにボーガンで狙われるなど、さっそく嫌がらせを受けてしまう。
そんな中、学園内をうろついていたメイは、道の外れにあるドーム型の温室に気づき、吸い寄せられるようにして中に入った。
するとそこに、真っ白な執事服を身につけた男・忍(向井理)に車イスを押されながら美しい女性が姿を見せる。
それは、学園最高の淑女の称号を与えられた絶対権力者・ルチア(山田優)だった。
その美しさに圧倒されてしまうメイ。
ルチアは、そんなメイに優しい言葉をかけると、何故か理人をじっと見つめ…。
メイが暮らすのは陰<オンブラ>寮と呼ばれている、ボロボロの寮だった。
聖ルチア女学園は、淑女としてのランクが厳格に定められおり、一番下が『陰<オンブラ>』、次が『月<ルナ>』、そして高い実力が認められた者は『太陽<ソーレ>』として学園の自治を任されていた。
寮もそのランクに合わせてグレードアップしていくのだ。
メイと同じ陰寮には多美もいた。
だが、多美は、いきなり執事の神田とナイフを投げ合ってサバイバルゲームを始め、メイを驚かせる。
そんなメイをさらに慌てさせたのは、室内に執事用の部屋もあることだった。
メイは、レベルの高さだけでなく、理解に苦しむような妙な授業まで行われるこの女学園についていけず、戸惑いを隠せなかった。
そんなある日、メイの前に突然、剣人が現れる。
こっそり潜り込んでメイのようすを見に来たのだ。
実は剣人は、学園内に併設されている執事養成学校にいたことがあり、多少なりとも学園内を知っていたのだ。
だが、多美と神田に見つかってしまった剣人は、抵抗もむなしく警備員に連行される。
その際、剣人は、この学校には気をつけろ、とメイに言い残す。
ほどなくメイは、生徒たちから悪質な嫌がらせを受ける。
理人は、すっかり元気がなくなってしまったメイのことを心配していた。
そんな折、リカや不二子は、1週間後に行われる調理実習で勝負をしないかとメイに持ちかける。
リカたちの挑発に乗ってしまったメイは、その勝負を受けてしまう。
ほどなくメイは、リカたちが料理の腕前も5つ星レストランのシェフ並みであることを知る。
中でもリカは、各国の料理賞を総ナメにしたほどの腕前なのだという。
それでも逃げずに、理人から料理の特訓を受けるメイ。
実は理人も、国際調理師資格特Aランクの持ち主だった。
料理対決の日。
メイは、会場に詰め掛けた観客たちの姿に唖然となる。
自由参加の調理実習は、聖ルチア生の姿を一般市民に公開する恒例行事でもあったのだ。
会場には、リカたちの応援団に混じって、剣人と夏美一家の姿もあった。
学園長ローズ(堀内敬子)の執事・桜庭(鈴木浩介)の合図で、調理が始まった。
それぞれ、冷蔵庫から食材を取り出すリカ、不二子、凛。
メイも、用意された冷蔵庫を開けるが、そこに入っていたのは何者かの嫌がらせで、もう使い物にならなくなった食材だった。
この料理対決で、リカたちがメイに恥をかかせようと企んでいることを知った剣人は、警備員の制止を振り切って壇上に上がり、リカたちに激しい怒りをぶつけた。
騒然となる会場。
そこに現れた理人は、剣人の腕をとって押さえつけると、「これはメイ様の戦いだ」と告げる。
壇上には、青山や根津、四谷の姿もあった。
青山は、リカに食材を投げつけた剣人を引き渡すよう要求していた。
リカは、そんな青山を制し、下がるよう命じた。
理人も、剣人の腕を押さえつけたまま壇上から降りた。
そのとき理人は、メイに料理のヒントを与える。
料理特訓を受けた際、メイは、粉を使った料理は誰にも負けない、と啖呵を切って理人に逆らったのだ。
理人の言葉を理解したメイは、小麦粉を取り出してうどんを打ち始め…。
調理が終了し、テーブルには見事な料理が並べられた。
試食をするのは、料理評論家らと、ローズ、ルチアだ。
メイが作ったうどんを口にしたローズは、小さく微笑んだ。
その姿に、ホッとするメイ。
しかし、審査員たちは、聖ルチアの調理実習には相応しくない、と口をそろえた。
それを受け、リカたちは、メイが作ったうどんを床に落として踏みつける。
その行為に激怒したメイがリカたちに飛びかかったため、会場は騒然となり…。
その夜、メイは、荷物をまとめて学園を去ろうとする。
そこに現れたローズは、どんな境遇にあろうとも、戦う意志のない者には幸せはめぐってこない、とメイに告げた。
メイは、生まれ育った故郷に戻った。
するとそこに、金太郎からの電話が入る。
メイが聖ルチア女学園を辞めたことを知った金太郎は、理人を自分の元に戻す、と言うと、周太郎の遺骨を引き取る、と続けた。
本郷家の墓に入れるのだという。
メイは、そんな金太郎に、周太郎とユウを同じ墓に入れてほしい、と懇願した。
「ならば、本郷家に相応しい人間になれ。お前が選択しろ、メイ。戦うか、逃げるかをな」。
金太郎は、メイにそう告げて電話を切った。
メイは、爆発後の瓦礫しか残っていないかつての自宅に向った。
雨の中、傘も差さずに座り込み、両親と撮った写真を見ながら泣き崩れるメイ。
そこに、理人がやってきて、メイに傘を差し出した。
理人は、このままメイを放っておくことも、金太郎の元に戻ることも拒否し、メイに仕えたい、と告げた。
そんな理人に、望みを叶えるために戦いたいと言ったらどうするのか、と問いかけるメイ。
「では私は、メイ様が戦うための剣に、メイ様を守るための盾になりましょう」。
その言葉を聞いたメイは、思いきり泣いておくからいまは空気になっていてほしい、と理人に告げる。
メイを探していた剣人は、ふたりの姿を複雑な気持ちで見つめ…。
メイは、本気で淑女を目指す決意を固め、聖ルチア女学園に戻る。
するとそこに、剣人の姿があった。
何と剣人は、見習い執事として、リカに仕えることになったのだという。
同じころ、ルチア宮では、忍と太陽生らが何かを話し合っていた。
その背後では、ルチアがプロジェクターに映し出されたメイの顔にハサミを突き刺し、狂気にも似た笑みを浮かべていた。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[49] [29] [12] [23] [44] [39] [34] [4] [17] [28] [11]

Copyright c ドラマ動画。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]