忍者ブログ
ドラマの動画が無料で観れます!
| Admin | Write | Comment |
AdSense
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
リンク
バーコード
ブログ内検索
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出演者:東山紀之少年隊)・松岡昌宏TOKIO)・大倉忠義関ジャニ∞)・和久井映見水川あさみ星野真里原沙知絵前田航基野際陽子中越典子菅井きん白木万理藤田まこと佐野史郎石橋蓮司団時朗長江英和福士誠治宇梶剛士伊武雅刀

 

南町奉行所に新たに定町廻り同心・渡辺小五郎(東山紀之)が着任、その日から中村主水(藤田まこと)は書庫番を任じられた。
そんな中、老舗の米問屋・上総屋から火が出て、主人夫婦が死んでしまう。
そしてその夜、小五郎は若い女が小判を振りかざしながら、「どなたか、このお金で両親の仇を討ってください」と通行人に向かって叫んでいるのを目撃する。
その女は、上総屋の主人夫婦の娘・佐知(星野真里)だった。
佐知によると、上総屋の火事は、商売仇の播磨屋が火をつけたものだというのだ。 
その夜、佐知に近づいた女がいた。
常磐津の師匠・花御殿のお菊(和久井映見)だった。
お菊は金を払えば弱いものの味方になって恨みを晴らしてくれる仕事人の組織があることを佐知に教える。
お菊の裏の顔は仕事人の情報屋だったのだ。
お菊が声を掛けた仕事人は、絵師の涼次(松岡昌宏)と小五郎。
鮮やかな仕事で恨みを晴らした二人だったが、小五郎は、まだ何か裏があるのではと納得できず、主水のもとを訪ねる。
一方、からくり屋の源太(大倉忠義)は、小料理屋の女将・薫(原沙知絵)に惚れて、店に通いつめていた。
しかし、薫が土地仲買商の加賀谷玄衛門(佐野史郎)を見かけた日から、全ての人の運命が大きく変わっていくのだった―。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[17] [28] [11] [22] [16] [919] [10] [3] [2] [1]

Copyright c ドラマ動画。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]